読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えんがわあぶり

精神疾患を馬鹿にしていたら自分が精神障害者になっていた。

ミドリカワ書房という道

医療の力を実感しています、寿司マーブルです。

 

ミドリカワ書房を知ったのは小学生の時。親と姉がどこかで知って、ついでに教えてもらった。

顔は普通のおじさん。声は素朴。聞きなじみがいいともいう。

全く売れている気配がない、でもファンは彼のことが大好きでこのバンドは頑丈な座布団の上に乗ってここまでやってきたんだと思う。

 

彼の魅力は歌詞の内容。これに尽きる。

 

ポジティブに好きな人の部屋に忍び込むストーカーの女の子の歌。

www.youtube.com

どエロイ保健室の先生が男を食い散らかす歌。

www.youtube.com

教授と不倫していた女子大生が大学を辞める歌。(見つからなかった。おそらくある)

万引きGメンの歌。(MVが消えていた)

 

字面がパワーワードの連続。最高ですね。これだけで聞きたくなりませんか。

もっとえぐいのもあります。

これだけあると一つくらい自分に引っかかるものが見つかりそうですね。

 

・・・・・

 

私の場合は「頑張るな」という曲がすごく自分の支えになっています。

受験の一番大事な時期にうつで倒れた。毎日起き上がるのは数時間。

体重も落ちて、思考もどんどん歪んでいって、世界が灰色にしか見えなかった時期。

姉が「ドライブに行こう」と私を引っ張ってこの歌を車の中で聞かせてくれました。

そして二人で泣いた。しこたま泣いた。

だから今でも聞くとあの時のことを思い出します。

心配しなくて良い 

てめぇの体心配しろ

だからさ 

そんなに頑張るなよな 

適当でいいじゃんか

あの時姉は何も言わなかった。責めることもなかったし腫れ物に触るようなこともしなかった。

でも抜け殻になってもなお「動け」と囁く本能に従おうとしていた私に、この歌を聞かせてくれた。いい思い出です。

それからしばらくたって、留年してしまった私に姉は「気にすんな。そんくらい出してやる」と言ってくれた。

姉は私にとってスーパーマンのような人で、でもすごく頑張っているのも知っているから、そんな言葉で片づけてしまうのも気が引ける。姉の話はまた書きます。

 

この曲はyoutubeにあるので気になる人は聞いてください。

(非公式なので貼るか迷いました)

 

・・・・・・

 

整形したい、と思う時はいつもこれを思い出します。

www.youtube.com

激しめの曲。整形したい女の子の歌です。

MVは大体ボーカル本人が登場しています。ママも本人。綺麗ですね。

そんなに悲しい顔しないで

ママって泣き顔も綺麗だよね

 

それに比べて私の顔は…

いや もう言わない

もう言わないわ

この歌詞は欲望が詰め込まれすぎていてすごいです。

卑下ばっかして他人をうらやんで鏡を見ては泣いていた女の決心は固いです。

ママの悲しい気持ちにつられず、むしろそ泣き顔さえ決意を固くさせてしまうものになってしまっている。

 

そしてこの女の子は無事に顔を変えることに成功します。なんでわかるか?

この曲には続きがあるんです。

「心」という曲が「顔2005」の続編ではないかと言われています。

彼女は幸せになれたのか?ぜひ聞いてみてください。(youtubeにあるよ)

 

・・・・・・・

死ぬほど重い曲があります。何曲もあります。

「ごめんな」「おめえだよ」「妹の日記」など紹介したいのはあるんですが、非公式の動画しかないので気になる人は聞いてください。簡単に説明すると、

「ごめんな」は自分の子供がいじめられていたことを知った父親の歌。

 父さんお前をいじめた奴らと

気づいてるくせに知らん顔してた

教師全員八つ裂きにしてやりたいよ

でもなそれやっちゃうと

お前の父さんじゃいられなくなるもんな

くやしいよ

この部分が本当に心に刺さります。いじめられた経験がある人って被害の大小あったとしても多いと思うんですよね。でも親目線の曲を私はこれ以外知らないです。

父親としてふがいなさがにじみ出てくるような歌です。ぜひ

 

「おめえだよ」はいやおめえだよ…っていう歌。

殺すつもりなんか 全くありませんでした

こんな歌詞から始まる曲があるかよ。男性が淡々と話しているような歌です。

最後まで聞くと題名の重さが伝わってきます。ボーカルの声も合っていてすごく好きですね。

 

妹の日記」は亡くなった妹の日記を読むお兄さんの歌です。

どこを切り取っても野暮になってしまうので割愛します。

この曲だけは泣いてしまいました。私は身近な人が物心ついたときに亡くなったことが少なく、人生の一部が欠けるような思いをしたことがありません。だからこの歌詞は異次元のことのように思えて、でもどこかでこれは起きているんだなと考えさせられます。

 

いやほんとに重いんで…ここに載っていないのも重いんですけど、全部話すと1日かかるのでやめます。

 

今回はMVがある「母さん」という曲を紹介します。

www.youtube.com

見た感じお母さんに向けた曲というのはわかると思います。歌詞を引用しましょう。

 

母さん あなたは今でも僕を愛してくれていますか

親不孝者だったんですかね。子供というには大人っぽい文面。成人済みであろう男性が母親に問いかけます。

母さん あなたを僕は苦しめ悩ませたくさん泣かせたんだろう

子供というのはいつになっても親を悩ませるものですね。こういう気持ちを持つ人は多いと思います。

母さん とうとう来週の水曜日だよ

? 

母さん とうとう僕法律に消される

 

ここまで書くとわかりますね。この「僕」は死刑囚です。

それだけの罪を犯した「僕」は、この後も母親に対して気持ちをつづります。

この曲のすごいところはこれだけきつい歌詞なのに「僕」が何も悪びれていないところですよね。

歌詞を読めば読むほど「僕」の狂気性が伝わります。でもスローテンポのバラードにのせられると聞いただけではわからない。

これがミドリカワ書房のセンスです。

 

 

他にもいい曲がたくさんあります。

よかったら自分のお気に入りの曲を見つけてくださいね。

 

現場からは以上です。

 

思い出を置きざって

満身創痍、寿司マーブルです。

結節性紅斑でカタツムリより歩行が遅い日々です。

病院のおかげでだいぶよくなりました。この話も来週以降書きますね。

 

先日は低気圧で大変でしたね。皆さんは大丈夫でしたか。

病気になってからというもの気圧に左右されやすくなりました。

雨もしとしと、体もボロボロ、メンはヘラヘラ。寝るしかない。本当にもう。

でもそういう時に限って外せない用事を入れてしまっている、人間だもの。

 

母校に行ってきました。

高校です。その前に大学に行けって話だよ。

私が「高校の教師になる!」と決めたきっかけである先生に連絡を取って会いに行きました。私はもともと社会の高校教師になるために今の学科に入ったのですが、体調悪化のため大学の教授に「体調優先にしなさい…」と言われ教師の夢は半ば途絶えました。

まぁ、この体調でなれたとしても生徒に迷惑がかかるし、高校3年間は一番大事な時期だと思っているのでなおさらなる気はないです。

 

雨の中足を引きずって歩きます。低気圧でTLも鈍足です。

学校までは3キロくらい歩きます。途中で数分電車に乗りますが、降りる駅の手前で電車が大きな川を渡ります。朝は陽の色が川に反射して少し幻想的、霧が強い日はちょっぴりミステリアスな景色。毎日様子を変えるそれを見て、高校生ながら「贅沢な風景だよなぁ」と思いました。

 あいにくの雨ですがやはり綺麗です。ワンマン電車なので乗車している車掌さんに定期を見せて降りると、見たことのある田舎町が広がっていました。

とはいっても少しずつ建物が変わっていたり、なんか距離まで違う気がして、足は勝手に通学路を覚えているのも面白くて足が痛いけど校舎までたどり着きました。

 

おそるおそる侵入し(もう生徒ではないので)校舎内に靴を脱いであがると、生徒も少なくシンとした空気が体中をすり抜けていく。遠くで聞こえるホルンの音や職員室前で勉強する生徒の姿を見て

 

「これだ~~~」

 

となった。どれだよ。

とにかく高校の空気を肌で感じて異様に興奮した。画鋲で貼られたチープなポスターも、テストの内容が書かれた藁半紙のプリントも、緑色の黒板も、全てが興奮材料だった。

大学には及ばない小さな空間で大きな夢を描いていたあの頃の匂いがかすかに残っていた。私の中に。

 

職員室に入る。ただす制服もなかったのでとりあえず雨粒がついてないか確認し、気持ちを整えて少しドアを開けた。知らない先生と出くわしてお互いびっくりしてしまい気持ちが乱れた。入れない。

あたふたしながら少し顔を中に入れてみた。すると先生がすぐ見つかった。前の席と違う場所になっていた。少し想像してたよりぼさぼさしてた。

 

「おぉ~」と先生は言った。

「へぇへ・・お久しぶりです・・」と私は先生の所まで行き、お辞儀した。

 

「お前、何かあったか」と言われた。

誰に対しても本当に平等に人をいい感じに見下している先生だった。人を見下せるくらい知性があったし、面白い人だったからお前と言われても全く気にならなかったのが印象に残っている。

わざわざ来たが、特に用事はなかった。死ぬ前にどうしても会いたいと思ったから連絡をしただけだ。しいていえば留年しました。しいていえばあなたの生徒の中でとりわけ不思議な道を進むと思います。しいていえば、くらいの話。

 

「お前教師はどうするんだ。教職は?」

「そ、その話なんですが・・・りゅ、留年しました・・・はは・・・」

「バカやん。お前何しとんの」

 

ごもっともすぎて笑ってしまった。確かにバカだ。一人の女に振り回されて気づいたら留年していたなんて本当にバカだ。

手帳もつくらいの障害でなんとか生きてますと説明した。留年もそれでしてしまいました、とちょっと言い訳に使ってしまった。バカだな~

 

「えっそんなことになってたのか!」とびっくりマークがつく程度には驚いていた。

 

ひとしきり話をして先生はいろいろ「お前はこれからこうしていくべきだよ」と言ってくれた。

 

・同じ病気の人と関わりをもつこと。そして社会に慣れること。

・この1年間を利用して自分の病気についてよく知ること

・うまくいかないのはもううまくいかないのだから仕方ないと割り切れ。

・他人に説明する力をつけろ。許されるためじゃなく知ってもらうために。

 

あの先生が結構悩んで言葉を使うのは初めて見たからびっくりした。いつもきついこといって笑わせてくれるのに、でも腫物扱いとまではいかず「こういういいかたはよくないんだろうな」と考えながら言ってくれる感じだった。

 

「怒りっぽいな~、でもあの人はそういう人だからって済ませてしまうのと同じで、あの人めっちゃ休むな~、でもあの人はそういう人だから、で済ましてくれる社会を見つけなきゃいけないんだよなお前は。」

「生活に支障が出なきゃそれはもう個性なんですよ。私は支障があるから障害になってしまったけど」

「そういうことなのか?(笑)」

 

なぜか笑われたけど私はそうだと思う。実際障害というものはどれだけ周りをぶん回しても自分が楽しければ気づかないものだ。そうしていくうちに許せない人は離れていき、許せる人は「ああいうやつだから」で済まして順応していく。

自分が自分の体で順応できない限り、私はこの違和感を抱え続けることになるんだろう。

 

先生は相変わらず何でも知っていた。尊敬していた姿のままだった。私もいつしか生徒に戻っていた。何年も教師をやっていればきっと私より苦しい思いをした生徒を知っているし、実際にいなくなった生徒もいたのかもしれない。

 

「なんでできないんだろう…って思っても、できないんだからしょうがないんだよ。だからってそれを許してくれないやつともかかわらなきゃいけないのが社会だよな。」

「そういうやつには詳しく理解してもらう説明をしなきゃいけない。それはお前が許されるためじゃなくて相手が納得するためだよ。」

 

もうほんとに、その通りだと思う。

 

「毎日がわかんないんだよな。一日でも急にダメになったりするんだろ」

 

朝は楽しかったのに、昼には泣いてるなんてよくある。

何も言っていない、病名すら言っていない。なのになんでこんな読み取れるんだろう。

顔に書いてあるんだろうか。言葉は鋭いのに絶対に急所に当ててこない、当たっても「コツン」と当たるだけで全く痛くない。むしろ「コツン」が体に響いて心地よい。

頭のいい人は言葉を扱うのが本当に上手だ。

 

しばらくするとほかのお世話になった先生もやってきて3人で話した。

私の学年の生徒は全く先生たちに会いに来ていないそうで、あんなに「うちらの世代最強だね~~~!!!」って感じだったのに薄情だな~と笑ってしまった。

 

きっと薄情ではなくて、彼らは全員思い出に縛られることなく次に進めたのだろう。

未だに高校に未練を残してきてしまった私とは違う。羨ましいと思った。

先生たちも「あんなに世話を焼いてやったのに」と言っていたが、笑っていた。

 

未練なんてなくていい。思い出はおいていけばいい。

振り返るばっかじゃ自分は成長できないな。

今の私は、過去の自分に縋る進めないままの私だ。

 

言葉で言われなくても伝わるものはたくさんあった。

 

そうして1時間くらいで帰った。雨は上がっていた。

「というかよくきたね。帰れるか?」といわれ「頑張ります」と笑顔で答えた。

傘を杖代わりにしてゆっくり帰った。正門まで少し遠回りをして、運動場のほうまで行ったりした。

どこかに何かが必ず落ちている。どの角度から景色を見ても、その時の記憶が戻ってくる。

 

正門に引かれている白い線が今が過去になる明確なラインのように見えた。

高校の私は蘇ってこないし、今の私と交代だってできない。

あの頃の記憶のまま死んでしまえたら幸せなのかもしれないと何度か思ったことはあるけれど、きっとこれから私はこの不格好な精神で生きていく。生き延びていく。

 

振り向いて1枚だけ写真を撮った。そして正門を通り道路にでた。

 

足の鈍痛がやたらひどいので、帰りの倍の時間をかけて帰りました。

彼氏に悪態をつきながら駅に行く途中に高校生に抜かされて「若いな」とちょっぴり思ったり。

やっと来た電車は足を休めるには十分すぎて、そのまま終電まで休憩させてもらいました。お母さんに迎えに来てもらったし、とても頑張った一日でした。

 

春には大学が始まります。長い夏休みも終わり、私の人生の幕がもう一度上がる気分です。

無理はせず、油断もせず、自分の体のわがままをちょっとききながら、のんびり生きていきます。

 

「歩いたこと」が翌日の地獄を引き起こしたのはまた別のお話。

現場からは以上です。

直面した問題の根っこを探れ。

ニンテンドースイッチがほしい。寿司マーブルです。

 

昨日、とても良い記事を見ました。

【こころの悩み】“お金を稼げなくても愛される人間になりたかった”−−「子どもの頃」に愛情を注ぐことの重要さを考える | ぱりことば。

 

この記事を書いたのはともえさんという方。絵もかわいらしくて素敵です。

少し前からツイッターで仲良くさせていただいています。

彼女はBPD(境界性パーソナリティ障害を患っており、記事の中でも生きていく中で感じる生きづらさをつづっています。

 

私はBPDの診断が下りてはいませんが、確実に併発していると思います。

で、時折それが爆発して誰かにぶち当たってボロボロになって、やっと起き上がれるって時にまた無理をしてどんどん芯にひびが入って脆くなっていく感覚

うつも癖になるのと同じで、ストッパーが壊れると癇癪を抑えるのは難しくなるように思います。

前は許せたり大丈夫だったことが、実は「許し」に近い「我慢」だったことに気づかず、「そんなことで?」というところですべてが崩れていったり。

今私がそのデフレスパイラルにハマって相手をぶん回しているので、どうにかしたいなと思っているところにこの一文が目につきました。

 

「わたしは『誰に』怒っているのか?」
「『お金を稼げない人は自分の意見を言う資格がない』と思っているのは、『誰』だ?」 

 

目の前で起きた事象を必死で抉り出し、手に持った包丁や止められない感情に対してパニックを起こす前に「この気持ちはどこから来ているのか」を探るのは非常に重要だと思いました。ハッとさせられるってこういうことなんだな。

なので私も根っこを探ってみようと思います。探り探り。

 

 

自分がいるだけでストレスではないか?

私が生きていると常に付きまとう感覚です。

友達といても、彼氏といても、以前は家族といても不安でした。

双極性障害を患ってから、その感覚は強くなりました。病名がつかなければ「双極性障害だから…」と縛られるような気持ちもなかったのかと思う時もありますが、だとすると今度は逆に大暴れして自爆する未来が見えるので病院には行ってよかったと思っています。

病名というのは使いようですね。

自分を縛る枷にもなれば、自分を抑止できる盾にもなります。

でも、人に迷惑をかける大義名分として振りかざすものではないですよ。

 

 

また、私はささいなことで神経がピリッとします。

でも「私に怒る価値はない」「我慢をしなければいけない」と感じ、ぐっとこらえます。

我慢をため込み精神が淀みはじめると、今度は身体的に支障が出てきます。

・勝手に涙が出る

・指一本動かせなくなる(感情が爆発すると今度は自分を攻撃し始める)

・体全体の感覚が過敏になる。触られると痛いといった不快感が出る。

 

でも今の私は自分が感じる不満の何倍も相手に負担をかけています。

どれだけ理不尽なことをされても「嫌だ」と「我慢しなければ」という感情がせめぎあって、情けなさといらだちでどんどん体が動かなくなる。「冗談だよ」で済まされたとしても他人の口から出た言葉に1%でも本心が含まれていないと言えるでしょうか。

 

じゃあ逆に幸せだと感じたら?

今度は「幸せになる価値のない自分」が顔をのぞかせます。尽くされているという自覚があればあるほど「私にそんな価値はない!」と言いたくなります。

どれだけ暴力を振るわれても待ち続ける相手の姿を見て哀れみすら覚えます。

 

「私には幸せにする力がない」

 

まともに日常生活を送ることができないこの体でなにができるのだろう。考えれば考えるほど見合う尽くされ方ではないことが明確になり、昨日も「私じゃない人と付き合えばいいとしか思えないです」と言ってしまった。

あれは相手が悪かったのかどうかもわからない。私が短気だっただけなのかもしれない。少なくとも私以外の人だけが怒っていい事柄であったことは確かです。

 

幸せでも不幸せでも納得しないこの脳が憎い。

徐々に「自分がいるだけでこの人(団体)はストレスなんだな」という考えが染みついてきます。

 

と、今まではここで終わっていました。どうにかしないと=我慢という方程式しか浮かばず、我慢が限界になれば答えはへと移行するだけ。いい案が浮かびません。

 

 

したらば探ってみよう

神経質なのは生来の物だとして(潔癖症だし)、幸せになる自分が不満というのは自己否定から生まれていると考えます。

その自己否定が生まれたのはおそらく小学生のころ。この頃からすでに「自分の価値は役職によって定められる」と感じていました。人の上に立って先導することで自分の価値を確かめることができるし、1番になることが自己肯定の近道でした。

中学生の時は人の上に立たないことが自分なりの思春期だったのかもしれないな。

人のために奉仕をする。そのためなら自分の生活を犠牲にする、それが善であり自分を肯定する方法で、他の何物でもない。

人の上に立つことはすごくリスクが高いようにも思いますが、団体に所属していると神経質ゆえの不満も生まれやすく「自分ならこうするのに」という気持ちをフルバーストで解消することができますし、なんと上に立って頑張ると嫌でも人の目につくので誰かは褒めてくれますしまいには生徒会長までやってド素人なのにAdobeソフトを駆使し15分程度の動画を一人で作っていました褒められることで他人に認められたい、価値があることを証明したいとがむしゃらに頑張る、頑張るのが面倒な人たちが感謝してくれるというwinwinの関係性が誕生。

御恩と奉公の関係に似ていますね。

 

絵にするとこんな感じです。

f:id:SushiPolar:20170320004649p:plain

ペンタブを持ってくるのが面倒で吹き出しをマウスで書きましたが、それによって鬼気迫り感が否めません。でも理解はしていただけると思います。

 

ハイリスクハイリターンな方法でしか価値を認められない私は、病気になったことでこの方法が封印されました。サークルでも部長にはなりましたが色々あって最後までやり遂げることもできず、「この先人の上に立つのは相当周りに迷惑をかける。やめておこう」と思いました。

そこで理解したのは「自分がいなくてもマジで何とかなる」ということです。

部長であっても下っ端でも、一人かけたら誰かが勝手に補うんです。これは自分を安心させましたが、当時はショックでした。

「自分がいないと成り立たない世界」なんて存在しないんだな…と思いました。

 

そして現在、役職が存在する団体に入っておらず自分の価値を証明することができない。この先もそれは厳しいということが自分を縛っているんだと気づきました。

自分の価値の証明の仕方を考えることから始めなきゃいけないみたいです。

根掘り葉掘り、大事だなあ~~。

 

家族は私がずっと寝込んでいるだけでも、楽しそうに散財していても

「それがあなただから、生きていてくれればいいんだよ」という気持ちを伝えてくれます。この年になってもしっかり叱ってくれるし、助かります。

彼氏もちょっと無神経だったりして私の神経を逆なですることが多々ありますが、病気のことも懸命に調べてくれて「すしまちゃんがいてくれるだけで幸せだよ」と言ってくれます。

 

「いるだけでいい」と思えなかったのは、私だけだったのかもしれません。

今でも褒めてもらうこともありますが、人からの善意を受け止められない私がいます。

それは高校の時に笑いものにされたり辛いことがあった過去があるからかもしれないし、小学校の時にいじめられた過去があるからかもしれない。「自分だけは味方だよ」という言葉によりかかりすぎていろんな人を傷つけて離れて、他人の限界を知っているからこそ、自分は他人からしたら手に余ることを十二分に理解しているからかもしれない。

障害によってフィルターにかけられた過去は辛いところだけを自分に押し付けてくるけど、でもそれを外してみればいいことだってたくさんあったはず。

高い世界しか知らなかった私は、障害によって最底辺の世界をたくさん見させられてそれなりに苦しい思いをしました。でもその場所でも色んな意見を知ることができたし、全部が悪いことではありませんでした。収穫がないわけじゃなかった。

何を「悪」とするかは自分自身。「善」も自分自身が決めること。

「善い」人間のハードル下げもしていくべきだろうな。

 

今の自分には何ができるのか、ではなくて、「そのままのあなたでいい」と言ってくれる人に感謝を伝えることから始めるのがいいのかもしれないな。

お題箱で「恵まれてる」と言われたけど、人間関係はすごく恵まれています。私。

ネットで出会った人もいい人たちばかりだね。助かっています。ありがとう。

 

素直に好意を伝えることはなんだか恥ずかしいけど、言わないと伝わらないのは良く知ってるからね。

 

f:id:SushiPolar:20170320013918p:plain

 

すしまちゃんはあぶりえんがわなので白っぽいです。

今回の記事書いてちょっと心の整理がついた気がします。

今やるべきは

・目の前にある人の善意にはしっかりと感謝する。

・自分を認められる何かを探す

ですね。

わたしは「お金を稼げない自分」を許して、「自分で愛せる」ようになりたい。

「不定期に寝込んで仕事が全くできなくなる自分」も許してやりたい。

「できる自分」も「できない自分」も愛したい。

本当にこれ。お互い自分を大事にできるようになりたいですね。

ともえさん、ありがとう~!

 

あとお題箱

あの娘の白いワンピースが春風に吹かれて膨らんだ。
僕はそれが嫌だった。嫌で嫌でどうしょうもなくて、自分のシャツは切り刻んでひとりで泣いた。
そんな僕にあの娘は小さな青い花を一輪くれた。
もうあの娘に会うことはきっと、いや絶対に無いだろう。

なんで膨らんだのが嫌だったのかな~って考えてみたんだけど、きっと僕は外に出られなくて、外で見かけるあの娘は僕にとっての「健全」の象徴なのかな。だから羨ましいし大好きだけど、あの娘を見るたびに自分のふがいなさも同時に感じてしまうわけで。

シャツは大事だからあんまり切り刻まない方がいいよ(大暴れした時にボタンをぶち破ったことがある)

春に咲く青い小さな花を調べてみたよ。お花は好きなんですが扱いに困るのでもらってもあたふたしちゃいますね。

一輪で十分に存在感のある花がなかなかないですが「ムスカリ」なんかいかがでしょうあ。お花っぽくなくて僕が一生懸命調べたらこれが花だということを知ったのです。

『夢にかける思い』『失望』『失意』『明るい未来』

 なんともそれっぽい花言葉じゃないですか。娘は僕に何かを期待していたのかもしれないですね。でも春になっても他人をうらやんで自分自身を傷つけているあなたに愛想をつかして、なけなしの情を花言葉に託したのではないでしょうか。

 

なんてね。物語の受け取り方は人それぞれなのでみなさんも考えてみてください。

お題箱、まだまだ募集しておりま~す!

http://odaibako.net/u/suposupo_

 

現場からは以上です。

感受性が強すぎる

ミミズのゲームにハマっています。寿司マーブルです。

slither.io

面白いのでやってください。私の最高点数は15000です。

 

※気持ちのいい話ではないので気分が悪い人は見ない方がいい。

 

感受性がとても強いです。

自分の描いた絵を見て「こいつの一生はこの造形で終わりなのか…」と切なくなり、私がいない間に何とか動けるようにと生首だけで終わらず体を描き足すこともしばしば。

関節がぐちゃぐちゃですが無いよりましだろう。どうせなら笑顔の方がいいだろう、と思って描くこともあります。いや、動かないんだろうけどね。

おかげでおにぎりに付着した細菌のことも考えてしまい他人のおにぎりは食べれません。過程を見なければよかったとおもう食べ物は数知れず。寿司も高いところだとお手てで握るでしょ。やめてくれ。

人はこれを潔癖と言います。

 

昨日、面白半分で見たアダルトビデオで脳みそがバグを起こしました。

AV女優は可愛い女の子でした、なかなか見かけない顔面偏差値の高さ。

AVは基本的にパッケージ詐欺でやたら乳がでかいカエルが出てきたりするびっくり箱ですが、そもそも演技がゴミすぎて「てめぇ舐めてんのか!!!!(舐めてはいる)」と文句を言いながら見ますが、その女の子の演技はむしろたどたどしさが良い…と思えました。私は可愛い女の子には甘いです。

映像の内容はファンのためにどんないうことでも聞きます!というもので、最初のシーンは女の子と謎の犬が和気あいあいとしているだけなのもあり、言うてもソフトSM程度かな?と考えてました。

 

今思えばあそこでやめておけばよかった。

 

「演技」と「本能」の境目

本番に入りました。

先ほどの女の子がベッドの上にちょこんと座っています。部屋はピンクを基調としており、ベッドももちろんピンク色。壁にはうさぎやくまのイラストが飾られていました。

かわいい部屋にかわいい女の子。そこにカメラを持った男が入ってきます。

しばらくやりとりをした後男はおもむろに女の子の首を軽く絞めました。

ここで「AVで首絞め…初めて見た…」と少し驚く。女の子の顔は期待と興奮に苦悶が入り混じった表情で熱っぽくカメラを見つめます。男は力をどんどん強め

 

そこまではよかったんです。いやまあよくあるよね!そういうプレイってね…女の子がちょっとM気質なんですというアピールにもなるしね…。視聴者を置いてけぼりにさせない感じは大事だよね…うん…。といった感じで。

 

詳しく書くといろいろなところから怒られそうなので直接的な表現は避けますが、そこからプレイはどんどんエスカレートしていき、「このままだとこの女の子死ぬな」という表情が見えた時点で感情の歯車がズレました。

おそらくですが、痛いと言ってはいけないと言われていたようで「ありがとうございます」「ごめんなさい」「もっといじめてください」を何度も何度も絶叫しながら繰り返していました。叫ぶことで痛みを緩和させているようで、叩かれた場所は赤く腫れているにも関わらず男の力任せに何度も叩かれていました。一回本能的にその部位を守ろうと手が伸びたのがとても痛々しくて見てられず、それと同時に「AVの規制の境目ってどうなってるんだろうな…」と思いました。

普通にAV見てると女性の視点からは「いやそれは絶対気持ちよくない。膣ドカタでも切れるレベル」という行為は数多く見受けられますが、今回のはそれ以前の問題でした。でも以前女の子がぼこぼこにされるAVで話題になったバッキーも現在名前を変えて活動しているみたいですね。需要はあるんでしょうね。

どんどん目がうつろになる中、絶叫し、それでも快感を得ているとアピールする女の子。「演技」と「本能」の境目が徐々にブレていきます。

すると男が女の子の後ろに回り、思いっきり首を絞めました。女の子はカメラに向けて足を広げ、がむしゃらに手だけを動かします。どす黒く膨張していく顔と焦点の定まらない目、「ヴヴッ」「ガッ・・・」と声にならない声を必死に上げる様子に思わず目をそらしました。男の人に力を弱めてくれと訴えかける手もはねのけられ、その後苦しみから解放された女の子は吐きそうになりながら「気持ちよかった、もっといじめてください」と言いました。

 

この子、こんなことされるために生まれてきたわけじゃないよな。というかこれって倫理的にどうなんだろうか。全人類の幸せなんてこの世に存在しないんだな…

 

そこはかとなく…気持ち悪い…。

 

それからそのことばかりが頭を回ります。何を見ても何をしても、寝るときも彼女の顔が頭にこびりついて離れません。客の需要を考えてこれが制作されたんだとしたらこれを嬉々として実行する人がいるんだろうな。そうすると第二、第三の被害者が生まれる。自分は嫌だな。これを求められたら耐えられない。画面の向こうの彼女の様に苦しい思いをした経験があるからこそ、微妙に自分と被ったんだと思います。

男の人に触られることがこんなにも怖いことかと久々に思いました。

 

朝起きてもその気持ちはぬぐえず、隣にいた彼氏に触られることすら拒みました。

性交に対する嫌悪感が振り切れてしまい、お肉や魚、野菜までも「セックスに汚された汚物」にしか見えず、これから先水しか飲めない…と本気で考えていました。

認知のゆがみって恐ろしい。

 

しだいに糖分が足りずに頭が回らなくなり感情がどんどんマイナスに進みます。

 

 

あれ…

 

彼氏に手を握られることすら怖くて、ご飯も食べれないんじゃあ、生きてる意味がなくないか?

 

気づけば彼氏を包丁で脅し、泣きながら罵詈雑言を浴びせ家から追い出した後、自分でひもを作って首を吊ろうとしていました。

 

ただ、私壊滅的に自殺の才能がない。技術の授業で居残りをしていた理由が判明しました。物を作るのへたくそすぎるだろ。

口紅で遺書を書き(バスルームじゃないよ)いざ死のうと体を楽にした瞬間、紐についていた謎の突起がのどをえぐり「グェッ」となったところで思考が落ち着いてきました。

 

めっちゃ…馬鹿なことしてないか…???何でひもに突起がついているんだ???

 

とりあえず…頭を落ち着かせよう…。

 

その場にあったものを食べ、心配してくれた人にメッセージを返し、かまってちゃんじゃね~かよ~とまたちょっと泣いて、こういうことを繰り返して生きていくんだなと悟りました。

ドアを開けたら彼氏はしゃがんで待ってくれていました。本当にごめんね。

 

BPDの診断は出ていないけど、確実にそうなんだよな。

人に迷惑をかけたくないし私が男だったらもう確実に逮捕されてるし、さっさと病院に行かないといけないな。体重も落ちてるし。

病気のこと考えると「この先こんなつらい思いして治療するなら死ぬか…」となりがちなのでやめよう…やめやめ…。

 

やめれねえ…あの女の子にも幸せになってほしいな。

読んでくれてありがとう。これ読んだ後はさっぱりした音楽でも聞いてくださいね。

 

 

好きより嫌いの方が楽。

 人生の7割寿司、寿司マーブルです。

 

先日このような記事を掲載しました。チラホラと見ていただいています。

sushipolar.hatenablog.com

本人巡回済みと思われます。どうもありがとうございます。

 

私は嫌いという感情をよく持ちます。この記事も9割嫌悪で構成されています。

「嫌いなものに執着してたら人生つまらないよ」という言葉も聞きます。

ごもっとも。見ているより好きなものに囲まれていた方が数億倍マシです。

 

でも、好きでい続けるってすごく疲れませんか?

 

嫌いよりもエネルギーを使ってしまう。好きになる対象によってその度合いは変わってきますが…。

「なんで好きってこんなに疲れてしまうんだろう?」

少し考えてみました。嫌われてる人も何かを好きで必死に追いかけている人もよかったら見てください。

 

 

そもそも「好き」のハードルが高い

この世の中「好き」のハードルが異常に高い気がします。

 

例として、とあるバンドを好きなAさんとBさんがいるとします。

 

Aさんがお金を落とすまではファンじゃない!と言います。彼女は足繫く現場に通い、チケキ〇ンでチケットを落とし、名義を借りて1ツアー3公演は必ず行きます。彼女の生活はそのバンドが基盤。グッズも雑誌も買いあさり、暇さえあればいくらお金が入るか皮算用。バイトのお金も時間も全てバンドのため。自分のことをおろそかにしてまでファンとして奉仕を行います。それが彼女の流儀です。

 

一方Bさん気持ちさえあれば立派なファンだと考えています。毎日youtubeのMVを聞き、円盤は買うもののライブにはあまり行きません。人混みが苦手なのと自分の生活を切り崩してまで応援をすべきではないと考えているから。生活の一部としてバンドを応援し、Twitterや手紙などで感想や感謝を伝えます。「手紙、読んでいます」というボーカルの言葉で今日も夢見心地。少しでも糧になっているなら…という考えです。

 

あなたはどっち派ですか?

この両者、どちらがファンかと言われれば答えは「どっちもファン」で終わりです。

でも、Aさんの方が愛が強いと考える人が多いのではないでしょうか。

Aさんはタフで金があるだけで気持ちの強さはほぼ互角なのに。

つまり「お金を落とせる相手」に対してはどうしても「財力」がファンとしての強さを決めてしまっているんですね。

お金のほかにも測れるものはあります。長さです。

古いアルバムを持っていたり、小さいライブハウスで活動していたころから応援していれば「古参」扱いされ、新規ファンから崇拝される現象もしばしば。そしてファン同士で壁のようなつながりが生まれ、少しでも軽率な発言(らっどってばんぷに似てますよね)をすると「テメェの居場所はここじゃねぇんだ…失せな」と土に埋められてしまいます

こうして一定のコミュニティが生まれると逆に新規がつきにくくなり、関心がない人から「あそこのファンはなあ~~~」と言われがちですね。

ONE OK ROC…の話をしているわけではないです。本当に。

 

今回はバンドに限りましたが、アニメやゲームでも結構そういう現象は多いです。こうなると「好きだな~」と軽率に発言するのが面倒になってきます。

 

じゃあ好きを一般人に置き換えた場合は楽なのか?

いや、これもまたかなり面倒です。例を挙げます。

 

「ねぇねぇ、うちのことすき・・・?」

「好きだよ・・・」

「どこが・・・?(元カノよりも)どこが好き・・・?」

「うーーーーん・・・全部・・・かな・・・。」

「全部じゃわかんない・・・(具体的且つ私が喜ぶ例を挙げて)ちゃんと教えて・・・?」

・・・・・・

(1日ぶり3239回目の会話)

 

好きって伝えにくいですよね。恋人に対しては「何が好き」とか具体的なものって実はそんなになくて、「愛着」がほとんどだと思うんですよ。

でも「愛着が湧いている…」で済ましたら女はブチぎれます。

距離が近ければ近いほど好きの項目を挙げるのは難しく、好きと証明するのは困難。

その「好き」という感情を維持するのも維持してもらうのも相応の努力が要ります。

恋愛って難しい。

 

また「〇〇があまりにも自分の好みであった」ということを伝えるときに

「とりあえず最高」「よさみが深い」「生きていてよかった」

「生まれ変わってこの人の赤子になりたい」

と語彙力が大変なことになってしまいがちです。

愛着だけでなく、好きすぎると理性が飛んでしまうため、伝えることが難しくなってしまうのも原因の一つだと思います。(※諸説あります)

 

逆に「届かない相手」(バンド)には見返り(ライブ)があるから相応の対価を支払う(お金)ことである程度の欲求が保たれますね。winwinの関係です。

別にバンドはお前かわいいな…とか言わないですもんね。(言うところもある)

ただ、純粋な「見たい」から下劣な承認欲求が爆発し「見られたい」に変わったとき、届かない相手に一般人に対するエゴを押し付けることになります。

 

この行く先は地獄です。やめましょう。

 

 

「好き」より「嫌い」の方が面白い

他人の良い話より、悪い話に惹かれます。人間とはそういう生き物です。

美人の自撮りの加工がバレれば大盛り上がり、有名人のエメラルド割れが発覚すれば祭りです。

そして人は好きを語るよりも嫌いを語る方が的確で、非常に面白い。

 

こんなツイートをしました

 

それに対するマヨネーズが嫌いな方の返信

 

こちらはトマトが嫌いな方の返信です

 

マヨネーズで苦しみだす人やトマトがドゥルドゥルだと嘆く人。

みんな嫌いなものに対しては非常に敏感です。感受性が豊かな人が書く文章は非常に面白いのと同じで、皆さんが嫌いなものを文に起こすとかなり面白いものが出来上がるはずです。ぜひやってみてください。

この時の嫌いなものは「相手に感情がない物」がいいです。おそらく。

食べ物や団体、お金のために動いている個人、ニュースや本でもいいですね。

感情移入しすぎた挙句嫌いになってしまったものに言及すると自爆する可能性があるのでやめましょう。(例:己の過去)

 

ちなみに結構リプライがきて上記は抜粋したものになります。みんな嫌いなものっていうとすぐこれ!!!って挙げられるんですけど、好きなもののすきなところは?って聞くとう~~ん?となること多い気がする。

私も女王蜂の良さを伝えるつったら「ボーカルの脚が私の身長くらいある・・・」としか言えません。でもこれは本当です。

 

そして好きを伝えるとき、しっかりと調べて書かなければという使命感に駆られて、書いている途中で疲れてしまうこともしばしば。

嫌いなものに関しては嫌いの感情がすでにリストアップされているのでそこまで疲労せず書けます。アンチと呼ばれる方々の感情まで行くと、もうそれは好きの裏返しと言っていいくらいの執着になりますので、身を滅ぼしかねません。やめましょう。

 

何を書きたかったかっていうと、案外嫌いという感情の方がストレスなく過ごせるかもしれないという話です。そうじゃないと人に「嫌い」なんて簡単に言えませんもんね。

「好き」っていうほうがなんか、責任がいるじゃないですか。たまには無責任に「嫌いだ~!」って言ってもいいと思います。

でもそれで人を傷つけるのはよくない。棒立ちの人間に殴りかかるような「嫌い」はやめましょう。

 

中村さんは殴りかかっても平気で蘇るので大丈夫だと思いました。

以上です。

 

タフネス中村さん。

「アホ」という存在が好き、寿司マーブルです。

 

中村さんの記事を拝読しました。さすがの文章力。ぜひマネしたいものです。

udon-zuruzuru.hatenablog.com

 

「感想求ム」とのことでしたので、私なりに感想を書いてみようと思います。

とりあえず真剣に書くから真剣に読んでほしい。感想頂けると幸いです・・・

中村さんに向き合います。 それはもう真剣に。

 

 

中村さんという人

 頭のいい人だと思います。Twitterこれだけ気持ち悪いことを書いているのに、女の味をそれなりに楽しんだだけの文才があります。女はスキルに惹かれがちです。中村さんは「文才」「人間性」のスキルが通常とは異なった形で発揮されたのだと思います。

そして注目するのはアイコン。「こいつが呟いているんだな」と思わせるハイセンスな選択です。アイコンは自分の顔のようなもの。そしてその顔が話す内容のどこをかいつまんでも驚くほど気持ちが悪い。

こうして時間を書けずに中村さんを見つけた第三者が中村さんに何かしらの期待をすることがなくなります。ヘイトを集め続けるアカウントの完成です。

 

けなしているようですがこれはすごいことです。

そもそも私は中村さんに股をゆだねる女の気持ちがさっぱりわかりませんでした。そして一つ仮説を立てました。

おそらく、実際の顔はこのアイコンより普通なのでしょう。

そして興味本位で近づいた女性がオフで中村さんに会ったとき、かっこよくはないのに「あれ?思ったよりも”かっこいい”かもしれない…?」となっている可能性が非常に高いのではないでしょうか。ヤンキーがゴミ箱にゴミを捨てると褒められるのと同じ原理で、良い意味で裏切られるとその人への評価は上がります。期待されていないならなおさらその反動は強くなりますね。

悪手ともいえますが、中村さんほど現実においてのスキルが皆無な場合、これは非常に効果的だと思います。(※個人的見解とツイートで読み取れた範囲で予測しています)

でも勘違いしてほしくないのが、中村さんのような考えを持った人間はたくさんいるということです。

「自分はブスだがブスは嫌い。努力せずして若くてかわいい女の子とだけ大人の遊びがしたい」というわがままでだらしのない欲望は、「自分はデブだがダイエットは嫌い。白米を永遠に食べていたい」という女のみっともない欲望と同義です。

でもみんなはそんなわがままをひた隠します。嫌われたくないからです。

他人から正論で殴られなくても、本人が「なんてわがままな欲望なんだ…」と理解し、白い目で見られることがないよう、黙っていたり言い訳をしたりして自分を守るのです。

つまり中村さんの文には「オブラートに包む」というコマンドがない。人間が日ごろ感じているありのままの欲望を吐き出しているだけです。それを持ち前の気持ち悪さで包んだことにより「なんだかこいつやばいぞ」と誰も憧れない特別感を手に入れてるのだと思います。なんでそんなもので包んでしまったんだ。

頭はいいけど中村さんは普通です。しいていえばかなり気持ち悪いだけです。

 

 

厚かましい人間は嫌われる

厚かましいとは、人の迷惑を考えず、ずうずうしいことを言います。

例えば、結婚をしたくないのにお見合いの話を勝手に決められてしまったり、家でゆっくり休みたいのに元気を出せと居酒屋に連れていかれたり。

人によって感じる迷惑はそれぞれですが、人は考えて、他人とコミュニケーションを図ります。苦手な人もいます。失敗もします。良かれと思ってやったのに価値観が合わず、嫌われてしまうこともあります。

そういった成功や失敗を繰り返して、人と人は適切な距離をつかんでいくのです。

 

中村さんはそのステップをひどく嫌う傾向にあるようですね。 

体から相性を決める恋だってなくはないですが、それはコミュニケーションレベルの高い人が行うことであって、決して中村さんのようなレベル上げを怠る人間がしていいことではないです

道中のモンスターを倒さずしてボスは倒せません。それくらいはわかりますよね。

 

もうこれは完全に僕に興味が無くなっている・・・と思った。絶望的な気持ちだった。

いや元々僕に興味なんて無かったのかもしれない。

彼女には素敵な彼氏がいる。

元々僕のことは『ツイッターでちょっと話題になったから会ってみただけでそれ以上の感情は無かった』のかもしれない。

状況分析はとても達者のようですね。

「ありのままの自分をほめてもらいてぇなぁ~~~~~~」という他人から承認されたい気持ちは誰にでもありますが、このブログからにじみ出る厚かましさを私は現実で感じたことがありません。

彼女のことをいたわっているように見えて、最後まで読めば中村さんの、中村さんによる、中村さんのためのマインドケアでしかありませんでした。

このようなことを言っている裏で「でもきっと違うと誰かが言ってくれる、『中村さんはそんなに落ち込むことないです。悪いのはその女!とりあえず私のおっぱいをもんで元気を出して♡』と言ってくれる。」と考えていそうなのも容易に想像できてしまいます。そしてこれは当たっていると思われます。ずうずうしい!(※偏見です)

 

 

恋愛は見世物じゃない

 前提として、恋愛は美しいものじゃありません。instagramTwitterで乳繰り合うアカウントたち、その背景には目も当てられないいさかいが数多く横たわっています。彼らはその地獄と地獄にある隙間や一瞬を切り取って「プラトニックラブフォーエバー…」と酔いしれているだけなのです。

Twitterで「別れました」とサーチをかけたときの死屍累々を見たことがあるでしょうか。恋愛を見世物にした後に残るのは屍だけです。恋愛は見世物として扱うにはリスクが高すぎるため、凡人が手を出していいものではありません。

 

でも、なんでしてしまうんでしょう。

ルブタンの財布の様に彼氏をちらつかせる女は山のごとし。

「もぉうちにゎこいっしかぉらん♡」といった茶番猿のごとし。

「今日は、いい日だったな** #today #dinner #love #forever #boyfriend #xoxo」というハッシュタグの無意味さカモノハシのかかとにある毒針のごとし。

中村さんも上記と全く同じことをしているのです。目を覚ましてください。他人が密接に絡み合うできごとを素敵な思い出の様に脚色してまで、あなたが手に入れたいものは何ですか?野草ですか?

ならば公園に行きましょう。もう春の足音が近づいてきていますよ。

 

 

可愛くて優しくて、若い女の子

僕は彼女のことが大好きだった。二十歳の大学生。とても可愛くてとても性格の良い子。喋りもとてもおもしろい。

彼女と会って話して彼女のことを好きにならないのは不可能な気がする。男性はみんな彼女のことが好きになると思う。

そんな子だった。

 

 そうなんですね。そんな女はどこにでもいます。

若さはその時だけのもの、可愛さはあなたの主観で決まるもの、性格の良さは心を開いていない相手にならいくらでもとりつくろえます。むしろボロは相手を信頼してからやっと出てくるものです。だから優しくて当たり前なんです。

勝手に彼女を美化するのはやめましょう。そしてそれに乗じて己の思い出も美化するのはやめましょう。泣いたからなんですか。悲しいからなんですか。気持ち悪いおじさんが若い女に縋って仕方なく乳をもませてもらっただけの話ではないですか。

恥を知りなさい。

 

よく考えればこの女性には彼氏がいます。彼氏がいるのに中村さんと会います。

きっと中村さんのことが好きであったらキスは受け入れていました。でもきっと、それは中村さんでなくても受け入れていました。そんな女の子です。

小悪魔という言葉を知っていますか。

中村さんは、自分の価値を高めてくれそうで、気づいたらいなくなっているような危うい存在ほど追いかけたくなるだけです。そういう性分なんです。

いつでもそばにいるような女より、いつかどこかへいっちゃうようなそんな女がいいんでしょう。(♪SHISHAMO/花)

 

もし仮に。

中村さんがもしもその女性とお付き合いすることができたとして、その女性の「簡単に異性と会う」という性格は何か起きない限り覆りません。そして中村さんが言うようにそれだけ素晴らしい女性なら、きっと中村さんより素敵な男性がちょいちょいとそそのかすでしょう。

その時に中村さんはどんな行動をとりますか。恋愛って話をするとか手をつなぐとか、セックスをするとかそんなコマンドばかりじゃなくて、もっと醜くて、どろどろしていて、面倒ですよ。

 

―――実らない恋、失恋、初恋、二度とは戻らない時間―

美しいように書けばいくらでも書けますね。サラダが美味しいだけで世界は美しく見えるのです。

皮肉にも中村さんの文才によって思い出は儚くも美しいようにリピートされているのでしょうが、気持ち悪いおじさんが若い女に縋って仕方なく乳をもませてもらっただけの話です。

2回言いました。この恋を文章にする意味ははたしてあったのでしょうか。

もう一度考えてみましょう。

 

 

自分の価値を高めるだけに他人を利用するな

中村さんが今までしていたセックスは他人の体を借りただけのオナニーに過ぎません。

体が感覚を覚えていても心がついてきていないのはそのせいかもしれませんね。 

Xさんみたいに可愛くてちゃんとしたご家庭で育ってしかも性格がおもしろい子とセックスしたり映画を見るの本当は1回に何十万
ぐらい払わないと出来ないことなのに毎回無料でやってもらっててごめんね。。もし僕にお金があれば払うんだけどごめん。

付き合っていない相手にここまで言えるのはすごい。自己否定は相手が自分に期待や一定の好感をしていないとできない技です。

中村さんのブログの端々に

「否定しろ!!!!!!俺の否定を否定しろ!!!!!!」

という欲求がべったりとこびりついています。一刻も早くクレンザーで掃除したい。

 

中村さんはその女性の価値に惚れこんでいるだけです。

 選り好みをするくらいですからね。

確かにメンヘラと付き合った場合のメリットあるか?と聞かれれば「無い」と即答します。

 

女性も中村さんのブログやツイッターで興味が出たんだと思います。

「これだけ自分をさらけ出せるなんて、どんな人なんだろう?」

でも会ってみたら、思ったよりましだった。ましというか、普通だった。

あっという間に手玉にとれて、別に要らないし、価値がないからポイされただけ。

インターネットからつながるがあるなかで、中村さんが費やすべきは文章でしょうか。

それともほかの何かかもしれません。こればかりは自分自身に聞かないと答えは見つからないと思います。

 

 

こんなことを書いたところで

中村さんは、とてもタフです。これだけ自分を分析して、分析した結果何の成果も生まれないと散々わかっていてもなお、ブログやツイッターで同じような自戒(ともいえる自己防衛)を更新し続けています。

きっとこのブログの感想も様々な方からいただいていることでしょう。それはさながら集中砲火。私も中村さんを土に埋める勢いで書きました。

「二度とこんなことはするなよ…」という意味を込めて。

でも、中村さんはきっと土の中から蘇ります。「でも僕は…」と、土まみれになりながら這い上がってきます。

うつむきながら左手を「いやいや」と前に出し、ゆっくりと私たちの前に現れるのです。

その後に続く言葉を聞いて、誰かがまた石を投げつけるのでしょう。でもあなたは何度でも蘇るのでしょうね。自己防衛がうまい人は何投げつけてもモロに食らったように見えて何も食らってません。

うらやましいです、中村さん。

 真の敵は中村さん自身。私たちはただの雑魚です。なのでこれも書く意味すらない。中村さんのハートに響くことはない。

鉄の処女の中に閉じこもり、自分を傷つけているように見えて、自分を一番抱きしめているんですね。

 

なんて虚しいのでしょう。中村さん。あなたはきっと5年後もそのままです。

 

 

最後に

僕「ハートの絵文字」

 これは今後二度と交際関係にない女性に送ってはなりません。

理由は好意のない相手からの好意ほど気持ち悪いものはないからです。以上です。

助けてくださいの記事について。

昨日掲載した記事を拡散していただき、数名の方からはリプライやコメントで意見をいただきました。

本当にありがとうございました。

たくさんの方の意見をお待ちしています。

 

sushipolar.hatenablog.com

 

今日は久々に自分の足で学校に入りました。

荒治療のつもりで(行っても治らないなら行ってやろうの思い)行ったら

ぶっ倒れました。

単位、進級、就職活動など不安が迫ってきて体がこわばってから、数名の大学生が横を通り過ぎた瞬間でした。意識はありましたので起こしてもらいました。

過呼吸にならなかったけど鼻水で呼吸困難になるのだけは勘弁したいですね。

人間のように生活がしたい。

 

閑話休題

今回いただいた意見をまとめると

❶リチウムの副作用が出ている説

双極性障害Ⅱ型とは考えにくい説

❸病院変えた方がいい(全員から言われました)

でした。

 

❶リチウム副作用説

リチウムは以前ラミクタールと併用しており、今はリチウム一本を基本として服薬しています。

一日で600mgです。朝夜3錠ずつ、たまに忘れますが飲み忘れないようにしています。

デパスもたまに飲んでいますが何回か飲みすぎて健忘を起こしています。

寝る薬は寝すぎるのでいつももらっても飲みません…(だめ)

(別の話ですがデパスベンザリンを同時処方されましたが、飲み合わせ悪いらしいですね。主治医への不信感はここからもきています。笑)

3か月に1回は必ず採血を行い、結果を次に教えてもらいますが紙を見せてもらえないためどうなっているのかわかりません。

というのも、一回親が「異常なしって書いてあったけど値がすごく低かった気がする…」と言っていたのであまり信用していないのが現状です。

その時は10日間ほど勝手に断薬をしていたのでおそらくそれで値が低くなっていた可能性があります。

 

3年間飲み続けていて以前の主治医は数値を見せながら話をしてくれたので、その時から続いているびくつきをリチウムだと考える頭がありませんでした。

もしそうだとしたら長年の同胞に裏切られた気分ですね…もともと体に合っていなかった可能性は十分にありそうです。

 

双極性障害2型とは考えにくい説

私もたまに思います。他人から見られている感覚は今でこそおさまりましたが、前までは「傷口から情報が抜かれるかもしれない」とラップで覆うか考えていたくらいなので、統合失調症の気はあるのだと思います。

ただ、食欲のムラや他人への攻撃性、軽躁は頻繁にみられるのでしっくりくるといえばしっくりも来ますね。個人的にADHDかもしれないなと思うことも多々…医者の言うことを信用するしかないのが現実ですが、知能テストは馬鹿でも天才でもない!とのことでしたので数値的には問題がないのだと思います。

 

❸病院を変えましょう

変えました!変えたらシクレストを処方されてアカシジアの酷さに勝手に断薬しています。

 

sushipolar.hatenablog.com

sushipolar.hatenablog.com

 

今回の主治医が合うかはわかりませんが、とりあえず自立支援はその病院に変えたのでしばらくは通う予定です。皆さんの声で動くことができました。感謝!

 

 

この記事を書いてしばらく放置をしていたので、加えて書いたところと少し矛盾が出てきている気もします。調子がよくなっているのかどうなのかは定かではないですが、前よりできる事は増えました。毎日泣いていたのも笑うことが増えたように思います。

(先日駅でパニックを起こし彼氏共々トイレに隔離されましたが)

今は合う薬が見つかればと切に願っています。

記事を公開するにあたった理由が、この記事にコメントをつけてくださった方がいたことが大きいです。参考になるサイトを教えていただいた方や、自身の経験になぞらえて懸命に励ましてくださった方、本当にありがとうございました。大切に読んでいます…。

一番驚いたのは自分の記事も検索で飛べるんだ…というところです。あらためていろんな人に見ていただいているんだなと感じました。

 

保険の記事も結構読んでいただいて…母の協力あっての記事になっております。

よかったらごらんください。QOLを高めてこそメンヘラの生きる道は開かれるのです…。

 

sushipolar.hatenablog.com

 

あとは…書きたいことあったけど疲れてしまった…。

2日後病院です。すしまの薬の運命やいかに。